2010年03月26日

インフル患者、7週連続で減少(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月8-14日の週は0.51で、前週に引き続き、流行の指標となる「1.0」を下回ったことが19日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週より0.26ポイント減り、7週連続の減少となった。定点以外を含む全国の医療機関を受診した推計患者数は、定点医療機関からの患者報告が少なすぎて集計できなかったという。

【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、40都道府県で前週よりも減少。「1.0」を上回ったのは、富山(1.79)、佐賀(1.77)、新潟(1.73)、山形(1.52)、岩手(1.42)、沖縄(1.00)の6県だけだった=表=。
 警報レベルを超えた保健所地域、注意報レベルのみを超えた保健所地域はいずれもなかった。

 検出されるインフルエンザウイルスは、A香港型やB型も散発的に報告されているが、依然としてほとんどが新型という。


【関連記事】
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で
インフルでの入院、8週連続で減少
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針

愛子さま登校、皇太子ご夫妻「心を痛めています」(読売新聞)
<築地移転>民主、予算修正案を26日提出…用地購入費削除(毎日新聞)
島の海岸など捜索=女性遺体遺棄−福岡県警(時事通信)
JAL 一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決−名古屋高裁(時事通信)
posted by mvkvtgftjx at 13:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

春の嵐、けが人や交通の乱れ=低気圧が日本海北上、黄砂も−千葉で瞬間38メートル(時事通信)

 低気圧が急速に発達しながら日本海を北東へ進んだ影響で、21日も全国的に大荒れの天気となり、非常に強い風や雨、雷が観測され、海は大しけとなった。転落事故などで重軽傷者が出たほか、交通機関も大きく乱れた。低気圧は同日午後、オホーツク海を北上したが、気象庁は北海道や東北では22日朝まで暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。
 また、西日本を中心として全国的に中国大陸からの黄砂が観測された。近畿や東海などでは水平方向の見通しが2キロ未満となる所もあり、交通などに影響が出た。
 神奈川県では相模原市で屋根の破損を確認していた男性(59)が風にあおられて転落し重傷を負うなど22人が負傷。北海道でも旭川市の工場敷地内で、積んでいたプラスチックケース約100個が突風で崩れ、男性(53)が下敷きになり股(こ)関節を骨折するなど10人が重軽傷を負った。また東京都調布市で風にあおられたシャッターに当たった3人が、千葉県では5人が、それぞれ軽いけがをした。
 強風や黄砂の影響で、日本航空は69便、全日空は44便が欠航。計約1万6000人に影響した。JRは山陽新幹線が姫路駅構内でパンタグラフにごみ袋が付着して一時遅れたほか、特急や在来線に運休や遅れが相次いだ。東京湾ではアクアラインが一時通行止めとなり、神奈川県の久里浜と千葉県の金谷を結ぶフェリーが終日欠航となった。
 気象庁によると、最大瞬間風速は千葉市で21日の早朝に38.1メートル、札幌市で午前に33.3メートルを観測。1時間降水量は神奈川県箱根町で朝に67.0ミリ、福井県南越前町で未明に27.5ミリを観測し、いずれも3月の観測史上記録を更新した。10分間の平均風速の最大値が史上最大を更新したのは、愛媛県から北海道にかけ、25地点に上った。
 黄砂は沖縄・奄美地方では22日まで続く見込み。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑−沖縄県警(時事通信)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…
ブーツにナイフ携帯 逮捕のシー・シェパード元船長(産経新聞)
普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)
posted by mvkvtgftjx at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

<水俣病訴訟>不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(熊本県水俣市)が国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた訴訟で、鳩山由紀夫首相は18日、熊本地裁が提示した和解案について「長い間大変苦しんでこられた方々のお気持ちを考え、受け入れることにしたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。患者会は28日の原告団総会で受け入れの可否を決める。

 熊本地裁は15日の和解協議で、(1)患者への一時金1人210万円(2)療養手当1万2900〜1万7700円(月額)(3)患者会に支払う団体一時金29億5000万円−−などの所見を提示。原告、被告の双方に29日に受け入れの可否を回答するよう求めた。国は5月1日の水俣病犠牲者慰霊式までの救済開始を掲げており、早期決着に向け受け入れを決めたとみられる。

 残る被告のうち熊本県は24日にも正式に受け入れを表明する見通し。チッソは29日の次回協議で賛否を示すが、これまでも国と歩調を合わせており、受け入れの可能性が高い。

 また鳩山首相は「裁判によらない方々の分も同じような形で結論を見いだせるようにしたい」と述べた。国は、昨年成立した水俣病被害者救済特別措置法受け入れを表明した「水俣病出水の会」(鹿児島県出水市)など3団体とも救済内容を協議しており、これらの団体を含む全面解決を図る。

 一方、残る訴訟派団体「水俣病被害者互助会」(水俣市)は認定基準見直しなど抜本的な解決を求めて訴訟を継続する意向を示している。【山田夢留、西貴晴、足立旬子】

【関連ニュース】
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で
水俣病:一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟
水俣病:69年以降生まれも救済 国が提案
水俣病:関東移住の未認定患者23人が提訴
水俣病:関東移住の46人に疑い 東京で検診

<開店>「クリスピー・クリーム・ドーナツ」名古屋市名駅に(毎日新聞)
<違法献金>小林議員から参考人聴取 札幌地検(毎日新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
青森市発注工事で官製談合=前副市長が関与、改善要求へ−業者に課徴金3億・公取委(時事通信)
芸術選奨 坂本龍一さんらに文部科学大臣賞 09年度受賞(毎日新聞)
posted by mvkvtgftjx at 19:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。