2010年01月16日

西日本で部分日食=日没直前、那覇で最大6割(時事通信)

 15日夕、関東より西の地域で太陽の一部が欠ける部分日食が起きる。国内では西に行くほど欠ける割合が大きい上、日没が遅いため好条件となり、那覇では日没直前の同5時58分ごろ、最大で太陽の約6割が欠ける。
 気象庁によると、同日夕の那覇の天気予報は晴れ。雲も少なく、観測に適したコンディションだという。
 国立天文台によると、那覇では15日午後4時48分ごろから欠け始め、最大で約62%が欠ける。しかし、太陽の一部が地平線の下に入るため、実際に最もよく観察できるのは、日没前の半分くらい欠けた状態という。
 日本で日食が観測できるのは、皆既日食となった昨年7月22日以来。日の入り直前でも太陽を直接見ると目を痛めるため、国立天文台は日食観測用の遮光グラスを使うなど安全な方法で観測するよう呼び掛けている。 

川崎と柏で火災 独居80代焼死か(産経新聞)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
<仙谷国家戦略相>特別会計も事業仕分け 4月にも着手(毎日新聞)
副幹事長ら無言で立ち去る=民主党本部前(時事通信)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
posted by mvkvtgftjx at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。